sabiyama600のblog

DSC_6713




                 右と左

前回の話と前後しますが、光の効果で偶然、珍しい画像になりました。(単純に左右の明るさが違います)使ったのはニコンの古いレンズですが、これは後日のネタに。

キャブの不調で左右のバランスがイマイチです 同じ機種(但し1000ccの方)の記事ではエアスクリュ-を上手くいじって合わせておられますが、私のキャブはエアスクリュ-の戻しがほぼゼロに近い部分でしかアイドリングが安定せず、お手上げ状態です。但しそれでも暖まれば何ら問題なく、左右ばらつきながらでもアイドリングOKと言う大らかな状態です。






DSCN9508




         いざ出掛けようとすると色々・・・


女性のお出掛けの場合は洋服の選択から始まって、化粧その他で出発まで優に1時間以上、こちら旧車の場合は何かと心配で工具やスペアの部品 それから寒暖に備えてグローブや雨合羽をどうするか?たかが数時間の走行でも直ぐに出れない・・・女性を笑えません。





DSCN9513






まあ、走り出せばこの単車の場合は大概 機嫌良く走ってくれます






DSCN9510










DSCN9535






W1やSRと比べれば、パワーがあって(実際は大した事は無いのです)実に爽快です。





DSCN9543




            話は飛んで、折り返し地点のいつものICに到着

コロナなどどこ吹く風の大盛況 私はコロナに関係なく、此処の過密バイク状態が苦手で毎回 小用とカップコーヒーで10分以内の退去を常としております。





DSCN9544






特にハーレー軍団とレーサーレプリカ、ついでにドヤ顔のピカピカ旧車が苦手です(単にひがんでいるだけです)






DSCN9545









DSCN9540





最新の水平対向


その巨大な姿に遠い宇宙を感じます。




DSCN9542






かなりぶっ飛んだスタイルのBMW





DSCN9541







DSCN9547




はい、10分経過


ところで、手前のW1を鑑賞する暇が無かったなあ!!

控え目な場所への駐車はナイス!! 私の小汚い旧車(休車)も隅っこ駐車でした



DSCN9552





                          本日の走行140km
    









DSCN6507




バッテリー交換


乗らない事と気温の低下にてセルモーターが回らず。

交換したのは2018年7月ですから2年半経過です。








DSCN1412








前回も同じ業者さんでベトナム発 福岡県発送品。 個人的には色々日本に手を出すチャイナよりベトナムの方が良い感じです。 BMW専用となるのは、初期の車体のバッテリースペースが狭いため、これしか入らないためです。(ヤヤコシイなあ)



                                  
DSCN8958





手前が国産でBMWのバッテリーケースにピッタリの30Aで、容量の違いによりますが、ベトナム物は薄い造りで20A セルも問題なく回りますし容量不足はありません。ただし、値段は倍!!軽自動車規格の30Aはオートックスで投げ売りの4000円代。









DSCN6510




SUPER NATTO 


底にゴム敷がついて良心的であり今回 2年半の寿命が証明されました。







DSCN9567





                で、最後に一本配線が余り

こいつは、+ - どっちだったか記憶にないし、どこから来た配線か?
下手につないでショートしたら怖いのです、一応勇気を出してマイナスとしましたが、セルが回らず。多分+側が正解でしょうが、火花でも出たら怖いので配線の出どころを探ります。








DSCN6516






太めのハーネスはセルモーターからでした 長年乗っていて無知ですなあ。

BMWの画像を見て、どこがどこなのかわからんと言う、お問合せが過去にありましたが、その通りでして車的外車的思想の固まりです。




DSCN6518






                  5年ほど前に社外品のモーターに交換済


単車はキック始動が正道でセルなどは邪道・・と保守的なオーナーですが、セル始動は楽で安全なのは十分身をもって知っています。





DSCN6515



              見事に取れたねえ

        これぐらい、ビス止めにせえや!! 随所に安い造りが見えます

車検証の原動機名はR75/5となっており、このプレートが刻印代わりなのです。当然エンジンにも刻印がありますが、なぜかこちらなのです。だから車検時に剥がれてなかったら、どうするのか?検査官の対応が見物です。







DSCN9557






後はオイル交換







DSCN9571






まだ行けそうですが、毎回2000kmで交換します





DSCN9564






     安物のオイルで良し こちらはシンガポール製でリッター670円

3000も回われば御の字のエンジンに高級合成油など不要 その代わりに汚れない内に交換




DSCN9566




2ltr


ドイツ語ですなあ 習いましたが全然勉強しませんでした 







DSC_6727






あとはキャブの不整脈を何とかせねば 





DSCN9510

DSCN9554




              信号待ちで並んだホンダ

頑丈なアルミの箱に野宿道具を積んでその日の食料は上に乗せて日本一周 人のバイクで勝手に妄想 重たい旧車をささえつつ・・・・・

バイク雑誌などで終わり(上り)の単車はスーパーカブ と言う方の記事を結構、読みました。 その言葉は確かに正解ですが、旧車好みの私は、日本一周に果たしてどれを選べばよいのか、私にはわからない。



002 (3)



                  CT110


しかしながら、たかがカブ、そこら辺に捨てられていた只同然のカブがやたら髙い

これと同じ綺麗なCTが近所の団地の駐輪場に捨ててあったけれど、誰も持って行かなかった不人気車。

              それが今じゃなんと中古相場で35万

新車で売られていた時(1980年)は売れていなかったが 当時もらったカタログはいまだに持っていますがカタログの方は二束三文。デカいキャリアは魅力的ですが、どうも値段が気に入らないので却下!!一桁の前半でなら要検討ですが、甘い考えです。



8201676B3020070200100




                              C50 

ソバ屋か中華屋の出前車でしたが、行灯カブとかショキガタOHCタイプ と格上げされて、こちらも高額車に。
そもそもカブは解体屋かバイク屋で貰ってくるものではなかったのか(考え方が古いなあ、このオヤジ)
その他カモメカブとかオッパイウィンカーとか・・・・ただのカブじゃないか!! 値段も旧車扱いも偏屈オヤジには気に入らないので却下。





03




                  最近売れ筋らしい125cc


前後デスク(笑)にインジェクション 優しい排ガスで環境にも優しい。値段も高いし、キックペダルが無くてセルオンリー 時代の流れですが、迎合出来ない(笑)そもそも40km制限なのに皆これで70kmは出していて、今日も偉そうに抜かれたねえ!!←実はこれが悔しくて却下。





IMG_0002 (7)




                               C105 55cc


20年前、ポコポコと聞こえる排気音が懐かしくて手に入れましたが、広島よりの運賃の方が高い時代で、今じゃ
軽く2桁代の値段。 レストアして乗りましたが、自転車より遅いし坂道は苦手で早々に売却。




IMG_0003 (5)





珍しいセル付きエンジンも焼き付いていたので捨てました(今ならお宝だ)
 



IMG_0001 (3)




                                
いつの日か、たくさんの荷物を積んで 島国をぐるりと一周回りたいです!!
                               

このページのトップヘ